愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

旧姓名義の預金口座が大切な理由

もし、貴方が離婚をすることになり、離婚条件を決める状態であるとしたなら。

婚姻前の独身時代に貯めたお金は夫婦の共有資産ではなく、自分だけのお金であるということは多くの方がご存知だと思います。
では、今手元にある通帳に記載された金額は夫婦の資産なのでしょうか?
それとも貴方個人のお金でしょうか?

旧姓名義の預金通帳

預金口座の名義

その口座が貴方が独身時代の旧姓名義のもので、10年前に300万円あった残高から利子程度の動きしかなく、現在も300万円のままというのであれば、問題なく貴方の個人資産であると認められるでしょう。

ご主人名義や子供名義の場合

ただ、離婚など考えもしなかった婚姻生活の中で、様々な事情により家族間でお金の移動があることは多いでしょう。
そうなってしまうと、婚姻前の個人資産と共有資産の境界線がハッキリせず、共有資産であると判断されてしまうことがあるのを知っている方は少ないはずです。

個人資産から出したお金は記録して戻す

「結婚前の預金から出しただけ!」
と貴方は主張されるかもしれませんが、相手も「私も結婚前の口座から出している」と主張された時、最終的に残ったお金の名義が共有資産とされるい口座名義に入っていたら、それは共有資産であると判断されても仕方がないのです。

ですので、それが正しい夫婦のあり方であるかは別として、離婚をする可能性が無いと思っていたとしても、婚姻前からの個人資産は個人資産、共有資産は共有資産とお互いが冷静に割り切って考え、個人通帳から引き出して使ったお金はその旨を記載しておき、お金が貯まった時に個人口座に写し、その旨を記載しておくことで、どういった種類の預金なのかが明確になるというわけです。

離婚時に共有資産の分配でもめてしまうケースや、婚姻前から貯めていたお金だから返して欲しいとトラブルになることは少なくはありません。
そうならない為にも、婚姻前の個人口座の管理は大切であると頭に片隅にでも入れておくことをお勧めします。

筆者プロフィール

矢橋克純ガルエージェンシー名古屋駅西代表:矢橋克純
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校東京本校特別顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部所属
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自身があります。
また、急な調査や難易度の高い調査にも対応できるよう、調査術に優れた探偵を取りそろえておりますので、緊急出動が必要とされる依頼内容や、他社が失敗してきたような依頼内容もお気軽にご相談下さい。

ボクシングの竹原氏と対談  ~運営サイト~
 ガル探偵学校への道
 失敗しない浮気調査
 名古屋の浮気調査専門サイト
 愛知県の浮気調査サイト
 ガルエージェンシー伊勢湾
 ガルエージェンシー広島駅前

このページの先頭へ