愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

探偵社選びのポイントについて

浮気の悩み

浮気問題や離婚をお考えで、探偵社の調査を必要とする際、どの探偵社を選べば良いのか?どこの探偵社に依頼すれば良いのか?わからない方が大多数であると思います。
浮気問題の解決や離婚は貴方の人生にとって重大事でしょう。
それと同じくらい探偵社選びは大切なことです。

大切な悩みの解決こそ、失敗できない。 確かな探偵社選びが、悩み解決の第一歩です。

知られていない探偵業界の実情

探偵業の実情を、一般の方はほとんど理解していないというのが現状でしょう。

秘密性の高いプライバシー問題を取扱うことが大半だから?
特殊な仕事だから?

いいえ、決してそうではないのです。
相談者に知られたくない事実が多いから、多くの探偵社が秘密にしているのです。
どういうことかというと・・・

ホームページなどの広告では大手探偵社っぽい謳い文句で宣伝しているものの、名古屋にも数多くある探偵事務所の90%以上が、たった1人、もしくは親族の手伝いやアルバイトだけで組織された極めて零細な個人事務所なのです。
 ※割合的には90%よりもっと多いかもしれません。

数少ない中規模の探偵事務所でさえ、全国組織のように見せかけてはいるものの、現実は3~4拠点といった内情です。
社員数は5人程度。
しかも、本店以外はレンタルオフィスやアパート・マンションタイプで、お客さんを対応するスペースだけ確保したような場所。
零細会社・社員がいないことを何とか必死に、誤魔化そうとしているというのが、大多数の探偵事務所の実情なのです。

また、大多数の探偵はろくに専門の教育も受けていない自己流で調査を行っている為、裁判や調停で有効な証拠とは何たるかを正確に理解していなく、調査報告書の完成度は低いものが多いと言わざるを得ない悲しい現状があります。

その証拠に、少しでも個人っぽい探偵事務所に調査の相談をしてみるとわかりますが
「大手は調査料金が高額ですよ」
「その点うちは安いです」
「とりあえずガルさんに見積りを取ってください」
「うちは必ずガルさんより安い料金で調査をします」
といった答えが返ってくると思います。

それはそうですよね。
方やほぼ1人で調査を行い、方や3名と車両2台体制で調査を行う。
安くできるはずです。
しかしながら、よくよく考えて下さい。
依頼人が欲しいのは法廷でも通用する決定的な証拠のはず。
何も大手探偵社が、調査料金が欲しい為に3名や4名の調査員を派遣し、、複数台の調査車両を出動させるわけではありません。
必要最低限、その調査には必要だから、その人数・台数で行うのです。
それと、必要最低限も確保できない為、無理やり1人で行うのと料金が同じであるはずがないのです。

料金の話に偏ってしまい、大手探偵社が高額だと誤解される方もいるでしょうから、少し説明したいと思います。
例えば、行方調査の場合、ネットワークも持たない探偵事務所と、全国に124もの拠点があり、700名を超えるスタッフがいる探偵事務所とでは、発見する確率に大きな差が出ることはご理解いただけると思います。
そこで、対象者が名古屋ではなく、仙台や博多にいると想定される場合、土地勘もブレーンもいない名古屋の探偵がそこへ向かうのと、電話連絡を受けた仙台や博多のスタッフが行くのと、どちらが経費がかかるかは考えるまでもないことです。

どのような簡単そうに思える調査でも、本当に簡単であれば、お金を払ってまで探偵に依頼することはないででしょう。
「簡単な調査などない」ということは、少し探偵社で働いたことがある調査員であれば、誰もが知っていることです。
また、守秘義務を理解し、完璧に担保している。
全社員と守秘義務誓約書と交わし、厳しく守秘義務教育を行っている探偵事務所もそう多くはないのです。

以上の理由だけではありませんが、結論的には調査力の高いスタッフを多く抱えた大手探偵社に依頼するのが、しっかりとした調査報告書を入手でき、調査後も安心できるのではないでしょうか。

探偵社と興信所の違いについて

「探偵事務所」と「興信所」、その違いはどこにあるのでしょう?
一般の方はあまり理解されていないのではないでしょうか?

一般的には、探偵社は浮気調査や素行調査などの、尾行・張り込みを中心とした行動調査を主とする調査事務所。
それに対し、興信所は結婚調査や雇用調査など、聞き込みを中心とした信用調査を主とする調査事務所であるとされています。

しかし、今の探偵・興信所業界は内容にそう大きな差はなく、どちらも同じような業務内容であるといえるでしょう。
自分の相談内容ではどちらが良いのかとあまり深く考える必要はないかと存じます。

探偵社選びに必要なチェックポイント

電話で会社名を名乗りましたか?
複数の会社名で運営されている怪しい探偵事務所も多く存在します。。
事務所以外での面談(相談受付)を提案されませんでしたか?
事務所以外にに誘導するのは上記で説明したような理由があるからです。
料金は適正ですか?
高すぎる料金は論外としても、あまりに安い料金設定には必ず裏があると思った方が良いでしょう。
どのような調査報告書が貰えるのか、サンプルのようなものを見せて貰えますか?
「調査はやってみないとわかりません。」といったものではなく、どのような調査報告書や証拠VTRをお渡しするのか、提示するのが当たり前の時代です。
事務所はレンタルオフィスやマンションではありませんか?
それだけで判断できるものではないかもしれませんが、しっかりとした事務所を構えて長年やっている会社と、いつでも移転可能な会社とでは違うのではないでしょうか。
追加料金の説明がしっかりなされているか?
料金トラブルで最も多いのが追加料金についてです。曖昧な説明の探偵社は避けた方が無難でしょう。
調査に対するリスクや失敗した場合の料金説明があるか?
調査に100%はありません。調査に失敗したにも関わらず、調査料金が発生するなどあってはならないことです。

information

業界最大手の総合探偵社

Google

このページの先頭へ