愛知県の探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

親権争い

離婚率の上昇に伴い、父側と母側で親権を争うケースが急増しております。
中でも、子の連れ去りは社会問題となるほど申告で、解決に専門知識が必要になる問題です。
親権争いが生じた場合、最終的には裁判所に判断を委ねることになるのですが、その判断基準は「子の福祉」や「経済的状況」などを総合的に判断しますが、中でも「子の心身共に健康的な生育状況」というのが重要視されます。

親権争いの実情

騒音被害

親権争いになった場合、大半が母親側有利と判断されることが多いのが実情です。
ただし、あくまで総合的に考慮される為、現在子供の面倒を見ている側が有利になるケースもあれば、祖父母とも健在で経済的に豊かな父親側に親権が認められるケースも少なくはありません。

親権を有利に進める証拠収集調査の調査事例

警察官

妻が浮気をしているのを問い詰めた結果、妻は離婚届を置いて子供を連れて家出。
きちと話し合いをした上で、離婚をするのかどうか、親権の問題も含めて協議したい。

「調査~解決方法」

妻と子の行方調査を行った結果、妻の実家近くにアパートを借りて住んでいることが判明。
調査を進めると妻は浮気相手と頻繁に会い、男が週末は妻のアパートに泊るという生活をしていることがわかった。
その間、子供は実家に預けっぱなしでろくに面倒を見ていない証拠を確保した。
証拠を元に弁護士を通じ、裁判所に子の引き渡し請求を求めることになった。

養育費の不払いに対する調査

離婚率の上昇に伴い、養育費の不払い事案が激増しています。
再婚を期に、引っ越しを期に、転職を期に
養育費が滞り、支払わなくなるケースが多いようです。

「養育費の支払いは親としての最低の義務」

養育費は子供を育てるのに必要な、子供が受け取るべき権利です。
それを監護権のある側が受け取っているだけのこと。
「諦めるしか仕方がない」という部類のお金ではないのです。

養育費の不払いに対抗する手段としてはいくつかありますが、引っ越し先へ請求するにしても現在の住居を調べなければいけません。
給料の差し押さえというのが最も効率の良い手段となりますが、新しい勤務先を調べなければいけません。

上記のような養育費の不払いには

をご用意しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

解決の第一歩は確実な証拠から

料金・調査方法ともご相談・打ち合わせをして決めていきます。
メール・相談フォームまたはお電話にてお問合せください。

ご相談はこちから

このページの先頭へ