美人局(つつもたせ)被害の証明調査

美人局とは?

美人局

夫婦が共謀し行う恐喝または詐欺行為である。

妻が「カモ」になる男性を誘って姦通し、行為の最中または終わった瞬間に夫が現れて、妻との不貞行為に因縁をつけ、法外な金を脅し取ることである。

また、妻でなく、他の女で同等行為に至った場合でも類推される。

近年では出会い系サイトやSNSを利用した美人局犯罪が増え、同時に、加害者が若年層の犯行が目立つようになってきています。

ご相談はこちらから

美人局の被害証明

美人局被害の照明

美人局被害に遭われた場合、明らかな脅迫行為などが認められない場合、美人局であることの違法行為の証明は被害者側が行わなければばらないことが多く、一般の方では犯罪立証が困難です。

当探偵社では過去に行った数多くの美人局事件調査でのノウハウを活かし、美人局事件を証明する調査を行い、犯罪の証拠を収集いたします。

美人局の主な手法

美人局被害といえば昔は「俺の女に何をするんだ!」と暴力団風の男が現れるといった方法が定番でした。

現代は振り込め詐欺と同じく、手の込んだ芝居を演じた美人局が行われています。
ただ、目的は同じで「相手の弱みにつけ込み、金品を脅迫する」ということです。」

主な手法は

  • 夫という男が出てきて不貞行為で慰謝料請求を主張
    ※妻が出てきてというパターンもある
  • 暴力団関係者であるとほのめかす
  • 相手が18歳未満の未成年であることを主張し、警察沙汰になることをほのめかす
  • 外国人の犯罪者集団(ギャングやマフィア)の関係者だと脅迫
といったケースがみられます。

美人局の対策方法・対応方法

このサイトをご覧いただいているということは、既に美人局被害が疑われるトラブルに

  1. 現在進行形で巻き込まれている
  2. 既にお金を支払った後

であることが想定されます。
であれば、現時点で予防策や防止策を説明する意味はないでしょう。

現在進行形での美人局が疑われる恐喝被害であれば、その対応法。
既に支払ったケースであれば、次の恐喝被害の防止、取り戻す方法になると思います。

その何れにしろ、重要なのは

  1. 金銭の要求が正当なものであったか?
  2. 違法な脅迫に該当することがあったか?

の2点に尽きます。

夫と言っていたのにその事実は無かった場合、同じような美人局が行われている場合は1に該当します。

暴力があった場合は暴行罪や傷害罪、脅迫行為があった場合は恐喝罪、ケースによって逮捕監禁罪になることがあり、2に該当します。

双方とも、証明さえできれば、何かしらの対応方法がとれます。
相手が暴力団を名乗ろうと、淫行をちらつけせようと、目的が「金」である以上、切り札は決して切りません。
現在進行形の場合は、絶対にお金は払わないで下さい。
まずはお気軽にご相談下さい。

美人局事件の調査事例

未成年への淫行

美人局の調査事例

LINEで知り合った女性と意気投合してラブホテルへ行くことに・・・

ホテルから出たところで、女性の知り合いだという男が現れ「その子は17歳だ!」「淫行で警察に連れて行く!」と言われ、暗に金銭を要求。
渋々ながら10万円を支払った。

2カ月程後、男と女性が自宅に現れ「妊娠したから中絶費用と慰謝料100万円を払え!」と言われている。
未成年に対する淫行は反省しているが、勤務先も知られていることから、繰り返される脅迫に悩んでいる。

調査結果

男と女性の素行調査をしたところ、2人とも無職で、他にも同様の美人局に該当する脅迫行為を繰り返していることが判明。
同時に同様被害者の素性も調査済み。
妊娠の事実は不明であったが、産婦人科へ通っていることはなかった。

状況から判断すると妊娠は虚偽である可能性が高く、女性の年齢も間もなく20才になる19才であることがわかった。

解決方法

警察への届出も十分可能な状況ではあったが、「大事にはしたくない」「10万円も返してもらわなくていいので、2度と関わってほしくない」との依頼人の希望により、弁護士を介入させての、弁護士事務所名での厳しい内容の内容証明での警告書送付という手段を選択。
以降、一切の連絡や訪問は無くなった。

ご相談はこちらから

ご相談はこちらから

ページの先頭へ