継続性の原則の無敵性

名古屋の探偵ブログ

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西所長が綴る探偵ブログ

探偵ブログ

ご相談フォームはこちら

0120-135-007

継続性の原則の無敵性

会交流の回数では決して親権確保できない理由

平成29年7月12日

日本国の最高司法決定機関である最高裁判所が

夫に無断で子供を連れ去り

夫に離婚及び親権を求めた民事裁判の決定を下しました

無断で連れ去った日から7年という長い月日

夫は「年間100日程度」という驚くほど多くの面会交流日数を提示

それに対し、妻は「月に一回、2時間程度」というもの

親権問題

1審の地裁判決は夫に軍配

夫が親権者に相応しいと判断

しかし、控訴審では逆転判決

日本古来の子供と一緒に暮らしているという継続性の原則を重視し

妻を親権者と判断した

そして、最後の最高裁

4人の全ての裁判官が全員一致で

親権者は妻との判断を下しました

これで、こと日本国での親権確保の為には

是が非でも子供を手元に置いておかねばならない

ことが確定したわけです

それが、良い悪いではなく

日本の司法最高決定機関による決定なだけです

そこで、親権を欲する夫や妻がどういった選択をするかは

それぞれの方の判断に委ねられます

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

住所:〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1-2-1カネジュービル5F
TEL:052-433-1616 / 0120-135-007

ご相談フォームはこちら

0120-135-007

ご相談フォームはこちら

0120-135-007