慰謝料請求ができない浮気のケース

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

不貞行為にならない浮気

不貞行為=不法行為

これが浮気の慰謝料の根拠です

妻(夫)の座を侵害される

貞操義務違反

ということです

でも

不法行為とならない為、慰謝料の請求が認められない浮気のケースがあります

それはどういった場合かと言いますと

「夫婦関係が完全に破たんした後の浮気」

なのです

夫婦の婚姻関係がすでに破綻していた場合には

原則として、不法行為にはならないとの裁判所が新しい判断基準を示した為

甲の配偶者乙と第三者丙が肉体関係を持った場合において、甲と乙との婚姻関係がその当時既に破綻していたときは、特段の事情のない限り、丙は、甲に対して不法行為責任を負わない。

婚姻関係にあるにも関わらず一方の配偶者が不貞行為をしたとしても

不法行為には該当しないケースが出てきました

では

夫婦関係の破綻とは何ぞや?

ということになりますが

家庭内別居状態

これは微妙です

いくら回復の見込みがない夫婦関係だったと主張しても

相手がそうでは無かった、まだ修復の見込みはあったと言えば

完全に破たん関係であったとは認められないでしょう

基本的には別居の事実

これを以て破綻とみなされるケースが多いようです

夫婦間で話し合った結果、離婚を前提とした別居に至った

これは確実な破たん状態であるといえます

それでは

浮気している側が一方的に家を出て別居状態になったというケースは?

早めに浮気の証拠を押さえておく必要があります

浮気の証拠

時間が経つにつれ

性格の不一致で別居に至ったという相手の主張が

こちら側も修復の姿勢を示さなかった

積極的に話し合いの場を持つなど努力しなかったと捉えられ

説得力をもつようになるからです

現に上記の判例ができてから

浮気の慰謝料請求裁判の場では

被告(浮気をした側)が「夫婦関係破綻後の浮気だった」とする

弁護姿勢が取られるケースが爆発的に多くなりました

ですので

浮気の証拠を収集するならば

可能な限り早い時期にしておかないといけないのです

証拠の積み重ね

ご相談はこちらから

名古屋の探偵はガルエージェンシー

名古屋の調査はお任せ下さい

矢橋克純

ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

また、急な調査や難易度の高い調査にも対応できるよう、調査術に優れた探偵を取りそろえておりますので、緊急出動が必要とされる依頼内容や、他社が失敗してきたような依頼内容もお気軽にご相談下さい。

ガルエージェンシー紹介動画

ご相談はこちらから

ページの先頭へ