家庭内別居やセックスレスと夫婦関係破綻の関係について

夫婦関係の破綻

夫婦関係が破綻している事実は、「婚姻を継続し難い重大な事由」として裁判でも認められる離婚原因とされる傾向があります。

では、悪意ある配偶者からの一方的な家庭内別居やセックスレスの既成事実が【夫婦関係の破綻】を理由とする離婚原因になるのでしょうか?
不倫(不貞)という不法行為から逃れられる理由になるのでしょうか?

夫婦喧嘩

作為された家庭内別居の事実と夫婦関係の破綻

夫であれ、妻であれ、一日の一方の配偶者が何かしらの原因と意図をもって、強引に家庭内別居の状況にもっていき、またその目的が【離婚】だったとしたら・・・。

相手の一方的な離婚請求が結局認められることになるのでしょうか?

モラルハラスメント

全ての行動には理由・原因があります

そこまで酷いことをするには、「将来を誓う不倫相手の存在」や「極度のストレスや精神異常」「結婚後に判明した決定的な考え方の相違点」など、それなりの事情があるはずです。

ただ、それがいかなる自己中心的な原因や主張であれ、少なくとも以前は愛し合って結婚した配偶者であることから、これをやられた当事者としては「自分も悪かった」と自身を責めてしまう傾向があります。

冷静に考えればわかることですが、正当な話し合いもなしに、そのような状況にされるほど悪いことなど、大半の方はしていないはずです。
しかし、このままでは相手の意図した通り、離婚になってしまう可能性があります。

だからこそ、理不尽な離婚要求に対抗する手段をとっておかなければなりません。

一方的な別居であるとの証明

作為された家庭内別居の事実による離婚請求を防ぐ最適な方法としては、相手が【有責配偶者】であるとすることです。

不倫相手がいる場合は、その証拠を掴んでおくのが一番ですし、それ以外の理由の場合、夫婦関係破綻の状況を招いたのは相手の一方的な悪意ある言動であることを証明できるだけのもがあると良いでしょう。

【証明】と聞くと、「そんな難しいことが出来るのだろうか?」と思われるかもしれませんが、夫婦や家族で出かけた時のレシートや写真、日記など、簡単なものでも可能ですし、ボイスレコーダーで夫婦の会話を録音しておくのも良いでしょう。

最悪、心が折れて離婚となってしまった時でも、「性格の不一致」ではなく、相手が悪い離婚だとすることで、精神的にも金銭的にも窮地に追い込まれないようしておくことが大切でしょう。
お子様がいる場合は尚更です。

セックスレスと婚姻関係の破綻

セックスレスを起因とした家庭内別居から、夫婦関係の破綻を主張するケースが増えてきています。

現状である別居を伴う夫婦関係の破綻に目がいきがちですが、そもそもの原因となった【セックスレス】こそに、配偶者の意図が隠されていることが多いのです。

セックスレス

セックスレスの状態で、配偶者が一方的に家庭内別居の状況をつくろうとするケースでは、その裏に不倫相手の存在があることが大半です。

また、夫(妻)が結婚当初よりセックスに消極的、または好きではなかったといったケースにおいても、人間という生き物は年月に伴い、性に対する考え方や性欲は変わるものなのです。

夫や妻がセックスを好きではない、むしろ嫌がっていたことから、相手を思いやって夫婦関係を避けたままセックスレスになっていったというご夫婦は多数いることでしょう。

しかし、その結果、今の配偶者はセックスが嫌いどころか、複数の異性と性行為を繰り返していたとする調査ケースはいくらでもあります。

思いやりが招いたセックスレスからの不倫

配偶者に対する思いやりからセックスを避けていたご夫婦の場合、何らかの状況で、いざ相手が性欲に目覚めたとしても、なかなかい相手には言えず、そのままセックスレス状態が継続されてしまう可能性があります。

そこで夫や妻が取るべき行動の傾向ととしては、【他にセックスをして性欲を満たす相手を探す】ことになります。

罪悪感を持ちながらも不倫状態が続く中

  1. 夫(妻)とはもうセックスができない
  2. 不倫相手とは体の相性も良いし、情もある
  3. 不倫相手とすっと一緒にいたい

など、様々なことを考えるようになり、結果、離婚を選択する気持ちに傾きます。

自己中心的な欲望を満たす為の身勝手な選択と思いつつも、人間は欲望に支配された時、保身の為には悪人になれるものなのです。

一般的なケースでは、家庭内別居の状況をつくりだし、最終的には「性格の不一致」を原因とした夫婦関係の破綻にもちこめば、自分も助かるし、誰も傷つかないと考えるようになるのです。

不貞行為(不倫)の証明

そもそもの原因が一応ながらも納得したセックスレスであったとしても、今の現状は相手の思いやりを足蹴にする不倫では、どのような言い訳も通用しません。

しかし、このままでは相手の思い通り、性格の不一致での離婚となってしまう可能性は高くあります。

それに対抗するには、配偶者の不貞行為(不倫)の証拠を掴み、最悪離婚となったとしても、相手が離婚原因は相手の不貞行為であり、有責配偶者であるとするしかありません。

このまま自分さえ我慢していればは最悪の結果を招く

今の状態は不本意ではあるけれど、時間が解決するかもしれないし、子供もいるからなどと、「自分さえ我慢すれば・・・」と我慢の道を選ばれる方も少なからずいます。

しかしながら、いずれの状況にしても、相手が家庭内別居という手段を選択している以上、余程の幸運や状況の変化に恵まれない限り、我慢という選択は裏目にでてしまう可能性が高いことを知っておかねばなりません。

一度しかない、かけがえのない貴重な人生です。
お子様を理由として我慢の道を選んだとしても、そのことをお子様が知って、喜んでくれるでしょうか?

何も探偵社に浮気調査や素行調査をした方が良いということではなく、自分の為、お子様の為に賢明な選択をしてください。

名古屋の探偵社サイト案内人

愛知県で唯一、ガル探偵学校校長が運営する国内最大手探偵社に安心してご相談下さい

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

名古屋の探偵はガルエージェンシー

名古屋の調査はお任せ下さい

矢橋克純

ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括事業部

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

また、急な調査や難易度の高い調査にも対応できるよう、調査術に優れた探偵を取りそろえておりますので、緊急出動が必要とされる依頼内容や、他社が失敗してきたような依頼内容もお気軽にご相談下さい。

取扱い主要調査の詳細ページ

ガルエージェンシー紹介動画

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

ページの先頭へ