よく寄せられる質問

ここでは、探偵学校によく寄せられるご質問を集めてみました。
探偵学校への入校をお考えの方のご参考にご覧ください。

ガル探偵学校はどういった事を教えてくれるの?
選択される各プログラム(プロフェッショナル・スタンダード・通信教育)にもよりますが、基本的な調査技術はもちろん、ハイレベルで実践的な特殊技術(徒歩・車両での尾行テクニックや各種証拠収集ノウハウ、また最新特殊機器の活用方法等)やご依頼者様との調査契約締結の際の基本ルール迄、探偵になるのに必要な知識や技術を広く全般的にお教えしています。
プロコースとスタンダードコースの違いは?
スタンダード・プログラムは、調査技術や調査知識の修得に特化した調査員育成の為の講座となっています。
プロフェッショナル・コースは、スタンダード・プログラムに加え、探偵社の経営や面談など、将来的に探偵社の経営をお考えの方や、面談員・相談員といった直接お客様と対応される部門、および幹部候補を目指す方を対象とした総合講座となっております。
通信教育でも問題ありませんか?
通信教育は、探偵学校に入校しようか迷われている方や、入校までは考えてないけれど探偵の仕事に興味があり学習してみたいといった方に向けた、探偵の基礎が学べる講座となっており、通常の探偵学校での内容とは異なります。
従って、探偵の仕事がどのようなものかを知りたいといった方には向いていますが、探偵になろうとされる方が身につける調査術や探偵学には些か不十分といえます。
終了後にお渡しする証明書も、プロ&スタンダードコースは「卒業証明書」、通信教育は「修了証明書」となっています。
どのような人が教えているの?
実際の現場で使われる調査技術や機材は日々進化しています。
当校では、学校長である矢橋の指導の下、厳しい探偵学校講師試験に合格した現役で活躍している探偵が直接指導にあたり、最新のノウハウ・テクニックを提供しています
タレント気取りの「自称探偵」や、既にリタイヤした「名前だけの探偵」、また不祥事を起こし免職になった元警察官らが講義にあたるような事は一切ありません。
難しいのでは・・・? 自分にできるか凄く心配です。
授業内容は決して難しくはありません。
いわゆる「記憶力」は重要視されません。
全国の探偵社で勤務している調査員や相談員は、特別な運動能力や優秀な頭脳を持ったような人材ばかりではなく、大多数が本当に普通の方ばかりです。
あらゆる可能性を無くしてしまっているのは、「間違った先入観を持つ事」と「固定観念に縛られる事」です。
是非、当校の授業でそれらを感じ、自身の新たな可能性を見つけてください。
体力に自信がないが大丈夫でしょうか?
実際の調査現場でも特別な体力が必要になるのは一部の特殊な調査くらいです。
一般的に体力が必要とされる調査は、尾行調査となり、対象者を徒歩や自転車で尾行する体力があれば問題ありません。
探偵にとって本当に必要なのは「考える力」といえるでしょう。
入学テストや面接はありますか?
正式な入学テストや面接はありません。 教室のある各地域で、学校説明会(無料)を開いていますが、これは当校の趣旨や入校希望者の方々のご質問に答えるために行っているものです。
「どんな技術が身に付くか?」「就職・独立をするには?」「実際の探偵とは・・・」等、ドラマとは違う現実の探偵の仕事などを説明しながら、探偵の仕事に対する理解を深めていただいております。
女性も通っていますか?
プログラムや時期にもよりますが、受講生の約3分の1は女性です。
調査業界は女性が活躍できるフィールドが広く、「尾行中に警戒されない」「聞き込みで情報を多く得られる傾向がある」など、女性ならではの利点も多いのです。
実際の授業に於いても、男性に比べ女性の方が高い成績を上げています。
費用はどのくらいかかるの?
どの程度の技術を身に付けたいのか?という目標設定と、卒業後の目的(就職・独立・スキルアップ)により、お勧めするプログラムが違い、その費用も変わってきます。
詳しくは「学費/カリキュラムのページ」をご覧ください。
学費の分割払いは可能ですか?
一般的な各種専門学校同様、入学時迄に全額納入又は卒業までの完納が原則となっています。
卒業後を含めた学費の分割払いをご希望される方は、担当者迄ご相談ください。
授業料以外に必要なお金は?
当校の各プログラムへ参加するにあたり、何かを特別に購入していただく必要は一切ございません。
尾行実習での撮影時に必要なビデオカメラも貸し出しております。
ただし、通学費や尾行等の実技講習時に必要とされる移動のための電車賃など少額の移動実費(※大半が数百円程度)といった費用は、各自のご負担となります。
危険な目や、怖い目に遭ったりしませんか?
探偵の仕事を危険や怖いといった間違ったイメージをお持ちの方が多いようですが、実際はそのようなことはありません。
人知れず内密の調べるのが探偵のお仕事の基本です。
もし、調査を行う過程で、危険や怖いと感じるような場面があったとしたなら、失敗する可能性が生じているため、その時は調査を打ち切り、仕切り直したり調査体制を変更するなどの対応をとるのが一般的です。
従って、「度胸」や「根性」といった無意味で無神経な性質は不要ですし、むしろ臆病すぎる性格の方の方が探偵に向いているといえるでしょう。
入学はいつでもできますか?
各校・各プログラムにより、入学時期が異なります。
また、少人数制の授業体制をとっており、定員オーバーの場合は次回開催時のご入学となる場合もあります。
入校をご希望される方の事情を踏まえ、臨機応変には対応していますが、自由自在にいつでも希望する通りの授業日程で行えるというわけではありません。
詳しくは、定期的に開催している学校説明会にてご相談ください。
期間はどのくらいでしょうか?
プログラムによって異なりますが、通常の通学コース(※週末校は土日の週2日)は最短2ヶ月~最長4ヶ月となります。
※ただし、通信プログラムを選択された場合は5ヶ月です。
受講できなかった日は、補講という形で対応させていただきています。
1年かけて卒業される方もいますので、詳しくはご相談ください
未成年でも入学はできますか?
可能です。
ただし、18歳未満の方はご両親等、扶養者の「入学承諾書」が必要となります。
働きながら通えますか?
半数以上のの方が働きながら通われています。
プログラムによって異なりますが、週末(土日)や平日に通えるコースを用意しています。
卒業後は就職できますか?
学校は就職を保障するものではありませんが、スキルアップや趣味・独立を目的として受講されている方を除いて、探偵社への就職を希望された方の多くはガルグループおよび他社に就職されています。
卒業後に、全国にあるガルグループの中からご希望される探偵事務所で面接を受けて頂いております。
学校まで遠くて交通費や時間がかかるのですが
通学に無駄な時間や経費をかけるのは生産的ではありません。
当校では格安で宿泊可能なホテル(2,000円~)の紹介をしていますし、階下にあるネットカフェ(8時間パック1,480円)を利用する生徒さんもみえられます。
また、連日受講可能な短期集中講座もご用意しております。
詳しくはお問い合わせや学校説明会時に担当にお尋ねください。

ページの先頭へ