非通知電話の発信元はデータ収集会社

寝ている間の夜間にかかってくるワンギリ非通知着信の発信元は携帯電話や固定電話の使用情報を収集するデータ情報販売会社によるものが大半です。

データ情報販売会社が集めるデータの具体的な内容としては、Aという携帯電話番号があったとして、通常にA番号に電話をかけた時、得られるリアクションは5通りになります。

  1. 普通に着信音が鳴る
  2. 話し中(非通知着信拒否含む)
  3. 電波が届かない又は電源が切ってあるガイダンス
  4. お客様のご都合によりお繋ぎできませんガイダンス
  5. 現在は使われていませんのガイダンス

携帯番号の利用状況を販売する業者

データ収集業者は専用のソフトを開発し、それら5つの着信情報を瞬時に判別してデータを収集することで、情報を商品として販売しているのです。
例えば、「A番号の使用状況は2018年の4月13日に最初の通話確認してから問題なく使用されていた。」「B番号2019年6月から使用が開始され、は2020年2月から5日程、7月25日からも10日程、お客様都合(利用料支払い無し)によりお繋ぎできません状況があった。」とします。

そこからわかる情報とは、A番号の所有者は2018年の4月から同番号を使用し始めて、支払いの滞りなく現在まで使用し続けていることが推認される。
B番号の所有者は2019年6月頃から同番号を使用し始めたが、2020年2月と7月の2回、料金の部払いが原因だと思われる利用停止措置がとられていることから、金銭的に問題があることが推認される。

他にも停止期間により、レンタル電話、海外出張や留学の可能性があったなどの状況が推認される状況がわかる可能性があります。

携帯電話にかかってきた非通知電話

それを知って、「それは個人情報ではないのか?」と思われるかもしれませんが、個人名や住所などの情報に繋がるデータではない為、個人情報保護法に抵触する業務ではないというのが業者の言い分です。

弊社は探偵業という職業上、多くのデータ販売業者から営業があり、また法律に抵触していない業者との取り引きもあります。
上記のようなデータ販売業者とは需要がないことから取り引きはしておりませんが、過去に具体的な内容の営業案内がありましたので、確実なことになります。

非通知ワンギリ着信からのデータ収集法とは?

ここで電話の利用情報を販売する業者の情報収集法をご紹介しておきましょう。

まず最初に、データ販売業者のスタッフが特定の番号を狙って手作業で非通知電話をかけて情報を収集しているのではありません。

非通知電話をかける様子

番号を無作為に作成し、非通知のワンギリ電話をかける装置を開発。
装置は作成した電話番号へ機械的に片っ端から電話を発信します。

その装置には上記5種類の着信情報を自動収集し、①利用中番号②利用されていない番号③停止中の番号に振り分けるようシステム化されています。
その作業を繰り返し行い、情報を積み重ねていくことにより、情報を商品として販売しているのです。

また、非通知ワンギリ発信は主に深夜の時間帯を狙ってかけられる傾向があります。
その理由は、ワンギリ発信がかかった瞬間に、たまたま着信してしまい通話料金が発生するなどを防ぐためでしょう。

データ販売業者以外の可能性

深夜にかかってくるワンギリ非通知着信の発信元は、携帯電話や固定電話の使用情報を収集するデータ情報販売会社によるものであると書きましたが、非通知電話はそれら業者以外の可能性も否定できません。

例えば、以下のようなことが考えらえます。

  1. 嫌がらせ目的
  2. 営業電話
  3. 配偶者の不倫相手からの電話
  4. 訪問会社の在宅確認
  5. 空き巣犯の不在確認

その何れかであったとしても、電話番号を知っている「①何者かが ②何らかの意図を以って ③非通知設定した電話をかけた」ということになります。
テレアポなどの営業電話では自動的に非通知になる発信専用電話からかけてきている可能性があることから別として、それ以外は意図的に「184」をつけるなどし、電話番号を隠した匿名の電話をかけていることになります。

非通知着信への対応

上記で解説した通り、非通知電話はかけられる側には何らメリットはありません。
固定電話もスマートフォンも、現行機種であれば非通知拒否の設定ができるものが大半です。
 ※操作方法はメーカーやキャリアによって異なる

弊社のような探偵社でも非通知着信は拒否しておりますので、一般の方であれば非通知を距離することにデメリットはないと思われます。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当ブログの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)
ご相談や打ち合わせに便利な名古屋駅近く