住所判明調査、自宅割り出し調査

自宅住所の判明調査

住所を判明させた調査報告書のページ

裁判や調停をする時には、相手の自宅住所情報が必要になります。

  • 配偶者の浮気相手の自宅情報を知りたい
  • 結婚詐欺で訴える
  • 損害賠償請求をしたい
  • 貸金返還訴訟したい

上記以外でも住所の情報が必要とするケースは多々あります。
名前や勤務先、携帯番号は判明している、実家ならわかるなど、些細な情報からでも対象者の住所は調査可能です。
まずはお気軽にご相談下さい。

住所(居住先)調査に関するご相談はこちらから

124のネットワークを活かし全国対応

自宅を判明させる調査

ガルエージェンシーでは全国124拠点の探偵社ネットワークを活かし、低料金で日本各地での調査が可能ことが特色となっています。

愛知県にお住まいの方で遠方の調査をご希望される場合も、お気軽にお問合せ下さい。

自宅割り出し調査の料金

自宅を判明させる調査

住所判明調査、自宅割り出し調査はいただける情報によって費用は異なります。
名前や勤務先が判明している場合は、勤務先からの尾行調査によって自宅を突き止める方法が一般的となります。
その他の情報からの調査の場合、個別に調査提案やお見積りを行っております。
ご相談やお見積りは全て無料となっておりますので、お気軽にご相談下さい。

自宅割り出しの調査事例

夫の不倫相手の住所調査

車での尾行調査

ご主人のスマートホンから浮気が発覚。
問い詰めたところ、5年前から会社の同僚と不倫を繰り返していたと白状。
今のところ離婚する気はないが、浮気相手には慰謝料請求するつもりである為、相手の自宅住所が知りたい。
場合によっては調停や裁判も辞さない覚悟はある。

調査結果

ご主人が白状した浮気相手の名前と勤務先、スマートホンに残されていた浮気相手とのツーショット写真を元に勤務先からの尾行調査を行うことに。
浮気相手の自宅情報と共に、同時判明した浮気相手も既婚者のW不倫であった事を依頼者に報告した。

解決方法

ご主人を通じて相手女性へ、お互いの配偶者に謝罪文を提出するよう求めたが、浮気相手女性は自身の不貞が夫に発覚するのを嫌がり、同解決方法を拒否した為、依頼者は弁護士を通して内容証明を送り慰謝料請求をすることに決められた。

ご相談はこちらから

ご相談はこちらから

ページの先頭へ