旦那の不倫相手が自分の友人であることが発覚 浮気調査

名古屋の探偵社が綴る浮気調査コラム

数ある浮気調査依頼の中には、最初から「夫の不倫相手が自分の友人でした。」と調査依頼をされるケースや、浮気調査の報告書を見て「不倫相手が友達であることが判明した。」というケースが少なからずあります。

探偵としてはどのような内容の浮気調査であっても、誠意をもって対応し、動かぬ不倫の証拠を確保するだけなのですが、不倫相手が友人であったり、時には従姉妹といった身内の場合、誰にも相談できずに苦しみ解決方法に悩まれるのを目の当たりにする立場からすると、残酷な不倫の罪深さに切ない気持ちさせられます。

女友達を談笑する妻

夫と友達から最大の裏切り

不貞行為の証拠が揃ったとして、いかなる手段をとったとしても、人生における重要なパートナーである夫や友達から受けた確信犯的な裏切りを癒す方法はありません。

離婚請求や慰謝料請求をしたところで、友人が既婚であるならその夫に不倫の事実を告げたところで、ただただ空しいだけ。
自分の人生が大きく壊れていくことを実感させられます。

知らない女と不倫をしているというなら、既婚でありながら不貞行為に及んだ夫だけに怒りを向けるなど気を紛らわす手段もあるかもしれませんが、不倫相手が友人であるとなると感情的にもそうはいかないでしょう。

それでも、何もせずに知らない顔をすることなどは誰もできません。
せめて、可能な限りの法的対応を行うという選択肢になってしまいます。

夫のことは夫婦間の問題として考えるとしても、友人である女性に慰謝料を請求するかどうか?金額はいくらにするのか?の判断になります。

女友達と喧嘩をする妻

侮辱されていたことを想像する屈辱

夫と見たこともない女との間に何があろうと、そのそも面識すらないので知ったことではないと割り切ることもできます。

しかし、不倫相手が仲良くしていた友達やとなると、「夫と二人で自分をバカにしていたのか!」など、侮辱されていたと考えられても当たり前です。
本人たちとしては侮辱まではしていないと主張するでしょうが、あまりにも軽く考えていたことは明らかなことですから、世間ではそれを侮辱というのです。

探偵であれ弁護士であれ、依頼人が法的解決を望む場合はこれほど楽なことはありません。
依頼人が希望される通り、証拠を元に粛々と法的手続きを進めていくだけです。

ただ、不倫問題を解決する過程で感情が入るケースは多々あります。
浮気調査の結果、離婚を選択されない方の割合が6~7割ですから、感情的になることが大半といっても良いくらいです。

そのような時に私がいつもアドバイスをするのは、証拠があることを前提に、夫婦間の話し合いや不倫相手の友人との話し合いを含め、不倫をやめさせる目的で行動をとるのは早い方が良いとは思いますが、法的手段は3年の時効があるのでゆっくりと考えられるのが良いということです。

最初から「慰謝料請求をする。」と主張されるのは間違いではないのですが、相手の受け取り方によっては「慰謝料を払うことで罪の清算になる。」とされてしまう可能性があるからです。

決して癒されることがないであろう「侮辱されていたことを想像する屈辱」の事実をそう簡単に許されたことにされてはたまったものではありません。

また、不倫で友人関係は壊れるでしょうから、後になって何を言われるかわかりません。
「自分が悪かった。」と反省の言葉を述べてくれたらいいですが、「元々はあの子のせいなのに、お金を取られた。」などと真偽の確認がしようもないことを吹聴されることも考えられます。

問答無用で離婚であれば、最初から弁護士に任せるのは正しい方法でしょう。
でも、離婚だけが選択肢ではない場合は、絶対に見つからない場所に証拠を保管しておき、いつでも法的手段にでられるよう弁護士などに相談されておいた上で、どうしたいかを踏まえ話しを進められることも1つの方法です。

参考として、不法行為による損害賠償(不貞行為の慰謝料請求)では「被害者又はその法定代理人が損害および加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。」とされていますので、時効は3年です。
言い換えれば、3年の猶予があるといえます。

感情論的にも許せない友人や知人との不倫

夫(妻)が自分の友人や知人と不倫関係にあることがわかった時、法的対応は当然行うとして、道徳的な部分で「どうしても許せない!」とする感情は理解できます。

信用を裏切ったことへの怒りの対象は不倫をしている夫(妻)と同様に、不倫相手である友人や知人に向けられたとしても当たり前といえるでしょう。

こと不倫問題においては、怒りの感情と悲しみの感情は比例することから、自身と不倫相手が行った不貞行為という不法行為の悪意性や友情や信頼を裏切った不道徳な行為は簡単には許されることではないことを十分に理解し、心から反省すべきです。

謝罪をしたところで「馬鹿にしている!」と受け取られても仕方がないことです。

膨大な数の浮気調査を行ってきた経験では、不倫発覚の後、開き直った態度をとられる方もおられますが、妻(夫)の友人や知人との不倫が発覚した結果、開き直るのは人としての道を踏み外した「人として終わっている態度」であると思います。

少しでも罪悪感があるのなら、最低でも心からの謝罪は必要ではないでしょうか。

夫婦喧嘩

動かぬ不倫の証拠を突き付けた上での対応が望ましい

不倫問題の解決には「言い訳の出来ない不倫の証拠」が必要となるケースが大半です。

中途半端な追求で、うやむやにされてしまう前に弊社の無料相談をご活用ください。
少なくとも有益なアドバイスはできると思います。

著作権/無断転載・引用禁止について

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当ブログの運営方針についてはサイトポリシーのページでご確認いただけます。

名古屋の探偵 浮気調査コラム 筆者紹介

所長の矢橋克純

探偵 矢橋克純

探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西・三重・伊勢湾代表
ガル探偵学校名古屋校校長
ガル探偵学校顧問
ガルエージェンシー代理店統括

出演テレビ番組多数
ラジオ番組コメンテイター、各種雑誌にて連載を執筆中

地域に根を張った探偵・興信業務を行い、東海・近畿地区には独自のネットワークを持っていますので愛知県内での行方調査・信用調査・浮気調査等の尾行調査には絶対の自信があります。

20年連続日本一の探偵事務所

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)

探偵社情報

社名 総合探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西
住所 〒453-0014
愛知県 名古屋市中村区則武1-2-1 カネジュービル5F
電話番号 052-433-1616
フリーダイアル 0120-135-007
探偵業法届出番号 愛知県公安委員会 第54080028号
主要調査地区 名古屋市弥富市津島市愛西市あま市稲沢市北名古屋市清須市一宮市岩倉市江南市小牧市犬山市尾張旭市瀬戸市長久手市日進市豊明市大府市東海市他愛知県全域

浮気調査の相談や打ち合わせに便利な立地

名古屋市中村区則武1-2-1-5F

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

更新情報をSNSでチェックする