冤罪証明調査・犯罪被害証明の証拠収集

冤罪や犯罪被害の証明

犯罪者にかけられる手錠

弁護士や依頼人の指示に従い、冤罪事件や自分にかけられた疑いを晴らす証拠や証言を収集します。
冤罪証明には科学的な証拠や第三者による証言を含め、複数の証拠が必要とされる場合が多く、経験や知識が求められる調査です。

冤罪証明調査・犯罪被害調査における調査手法例

  • 調査対象人物の信用調査
  • 尾行調査
  • 聞き込み調査
  • 証人、証言者の確保
  • 証拠撮影、録音
  • 同類被害者の捜索 等

冤罪・犯罪被害証明調査に関するご相談はこちらから

冤罪とは

「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉。
「濡れ衣(ぬれぎぬ)」とも言う。

早期の証拠確保が重要

逮捕された状況など、まずは詳細をお聞かせ下さい
弁護士との連携が必要不可欠となる案件も多く、迅速に調査に取り掛かることが大切です。

※倫理的に問題のある調査、犯罪や違法行為目的の調査、反社会勢力や団体からの調査依頼は
探偵業法に基づき、お断りをしています。
また、調査過程において上記の事実が判明した場合、調査を中止致します。

犯罪被害の証拠収集

恐喝・脅迫・美人局(つつもたせ)・ゆすり・強姦・暴行・傷害事件など犯罪被害に遭われ、警察などへの届出の為その証明が必要なケースでは、刑事事件の実績が豊富なプロの探偵が調査能力を駆使し、貴方のお役に立てるよう、証拠を集めます。

冤罪被害者や犯罪被害者の心理状況

冤罪や犯罪事件に遭われた方やそのご家族は、絶望感や無力感に苛まれ、時にはPTSD(外傷後ストレス障害)やうつ病などのこころの問題を抱える場合も少なくありません。
また、被害者やご家族自身が自分の抱えている心の問題に気づいていなかったり、気づいていてもなかなか専門機関を受診できないでいることがあります。
少しでもおかしいと感じたら、ご自身で、またご家族や友人などが促して早期に専門家の診察を受けることをお薦めします。

犯罪被害の調査事例

美人局被害

美人局

出会い系で知り合った女性とホテルから出たところ、旦那と名乗る男があらわれトラブルに。
免許証や名刺の写真を撮られ、住所や会社を知られた上、浮気の慰謝料という名目での金銭の要求を受けている。

調査結果

男と女の関係を調査したところ、2人は同棲していることから内縁関係である可能性は否定できないが、婚姻関係ではないことが判明。
女性を対象とした素行調査を進めると、同様の被害の事実を確認。
その他にも複数の被害が確認された。

解決方法

他の複数の被害者と接触し、協議を重ねた結果、合同で弁護士に相談することに決定。
美人局(恐喝)事件として被害届を提出することになった。

ご相談はこちらから

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム

ページの先頭へ