妻の不倫をきっかけに離婚と親権争いの日々

妻の財布から発見されたラブホテルのメンバーズカード

妻の財布からラブホテルのメンバーズカードが・・・

浮気調査の事例

妻の財布からラブホテルのメンバーズカードが・・・

サラリーマンのA氏(43歳)には39歳の妻と高校生の18歳になる息子がいる。
夫婦仲や親子関係は良好なほうでした。

ある日、着払いの宅配便が届いたため、支払いをしようとしたところ、持ち合わせに1万円札しかなく妻の財布から借りて支払おうとした時、見慣れないメンバーズカードを目にした。

何事に対しても自分のわからないことは調べたくなる性格であったA氏はスマホでカードを撮影。
夕食後にどこのお店のカードか調べてみることにした。
ポイントカードを兼ねたメンバーズカードであったが、判明させるのには難航したが、根気よく調べた結果は近くにあるラブホテルのメンバーズカードであることがわかった。

不倫をしているにしても、「女性側がメンバーズカードを持ち歩くか?」と思うに留まったが、物が物だけに気になったA氏はクレジットカードの家族カード分の利用明細を確認すると、ラブホテルを利用した形跡のある支払いが複数回確認された。

妻の不倫は半ば確定的

不倫相手と腕を組む妻

信じたくはないが妻の不倫は半ば確定的。
確実に言えるのは利用明細が示している通り、妻は複数回そのラブホテルを使用していることです。

誰にも相談できず、探偵社に浮気調査の無料相談を申し込むことにした。

不倫をしているならば平日の夕方までの時間帯

A氏から妻の情報を聞いた探偵の提案は

  • 調査をするのであれば、最も怪しい平日の9時から夕方4時くらいまでに限定する
  • カードの利用明細状況からラブホテル利用の確認が取れた時点で報告する
  • 不倫相手の特定まで行う必要がある

といったものであった。
1日考えた結果、A氏は浮気調査を依頼する決心をされ、探偵事務所を再度訪れた。

4日目にラブホテルに入る姿が確認された

妻と不倫男性

浮気調査を開始して4日目、A氏の妻が動いた。
最寄り駅まで自家用車で向かい、ロータリーで若い男性を助手席に乗せる。

途中、コンビニへ立ち寄り、そのまま該当するラブホテルへ入る姿が確認された。

ラブホテルから出たA氏の妻と男性は、合流した駅ロータリーで別れ、男性の尾行にスイッチするも、男性は併設される駐輪場で自転車に乗り、駅の裏手に向かったことから、その日の調査は終了。
翌日から男性の素性を判明させる調査を行うことに。

驚くべき男性の素性

前日の調査で男性が乗っていた自転車の特徴を記憶していた調査員が、翌日同じ駐輪場へ行ってみると、同じと思われる自転車を発見。

準備した調査用の自転車を配置し、張り込みから尾行体制に入る。
その後、難なく男性の自宅が判明した。

妻の不倫相手は息子の同級生である高校生

A氏にラブホテルへ入った証拠および不倫相手男性の名前と住所を報告。
それと同時に、男性の最大の特徴である、「とある高校の制服を着ていた事実」をお知らせした。

その瞬間、A氏の表情は非常に強張り、緊張し震える声で

「息子の友達の〇〇君です。」

と話されました。
それらの事実で、「どうしてラブホテルのメンバーズカードを妻が持っていて、支払いも妻がしていたのか?」の真相が判明しました。
当然、この時点で調査は打ち切りです。
これ以上の証拠収集は必要ないからです。

絶望的な夫婦間の話し合い

夫は意を決して、証拠を元に妻の不倫の事実を追及することにしました。
動かぬ証拠を前に、素直に不倫を認めた妻は、「一緒にゲームなどをするうちに好きになってしまった。」「最初は相手から体を求められ、関係は半年くらい続いている。週に1回以上は一線を超えている。」
そして「息子は何1つ知らないと思う」と説明したそうです。
悩んだ結果、夫は「子供の為に離婚はしないが、息子の同級生には話をしたい。」「自宅を売却して離れた場所に引っ越す。」と決断しました。

ラブホテルのメンバーズカードを発見した時の証拠保全方法

パートナーの所有物からラブホテルのメンバーズカードを含めた不貞行為が疑われるものが見つかった時は、抜き取ってしまえば警戒される恐れがあるため、お持ちのスマートホンで撮影されるように証拠保全された方が安全です。
不倫相手とのラインやメールも同じく、転送すると発覚する可能性があることから、撮影(動画の方がわかりやすい)しておきましょう。

会員カード

実在の個人・企業・団体等の特定を避けるため、一部情報を加工しています。
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム