競合企業調査

今も過去も「情報を征する者」は勝者の第一条件。
ビックビジネスを成功させるには年間を通し同業他社の動きは把握している事は当たり前となっています。

現在他社は、どのような戦略を建てているか?を把握し一歩先を行く。
他社の動向を掴むことは最高のアドバンテージです。
それを私どもは調査にてサポート致します。
調査結果を最大限に生かし同時に他社との戦力分析サービスを利用しウイークポイントを知り常に対策を建てる。
営業戦略は調査力と言っても過言ではありません。

債権の問題、資産調査

企業は営利団体ですから収益が命。
お悩みの債権の回収のお手伝いを調査にて行ないます。

債権をスムーズにかつ合法に回収する方法に是非調査をご利用ください。
債権は「生き物」であり大変デリケートな問題です。
私どもの長年の資産調査の実績により、的確な調査と対応方法のアドバイスでお手伝いを致します。

取引先企業の調査

取引先の候補となっている会社の調査
現在、取引のある会社の調査

弊社では企業や会社の信用調査をご提供しております。
一般的な経営実績は帝国データバンクや東京商工リサーチなどの大手情報調査会社から入手できますが、それらは表面上の数値でしかないことも、皆様ご存じだと思います。

探偵社の信用調査は、クライアントのニーズに応じ、表面に現れない様々な事実を調べることを目的としております。
会社の利益に障害のある排除すべき事実があるのなら、早急に事実を掴み、対応策を採らねばなりません。

雇用調査、ヘッドハンティング

「企業は人」と例えられるように採用、人事は企業の生命線です。
私どもは後悔しない人選を調査でお手伝い致します。

最近は中途採用者の雇用調査が大半を占める傾向にあります。
長引く「不況」にも順調に業績を伸ばしている企業があります。
原動力の一つに「ヘッドハンティング」による人材確保が目に付きます。
近年はトップより30代の営業マンのハンティングが急増しています。
ご希望の職種、経歴などをリクエスト頂ければ、他社とは違う調査会社ならではの信用ある「個人報告書」をお付け致します。

秘密保持契約

弊社では、法令で定められた守秘義務を徹底しておりますが、ご希望される場合、ご相談の前に「秘密保持契約書」を持参し、ご相談をお伺いすることも可能です。
発行する秘密保持契約書は依頼されるされないに関わらず、ご返却の必要はありません。
お気軽にお申し付けください。