浮気調査Q&A

浮気調査の結果、不貞行為の相手(愛人)が既婚だとは知らなかったと主張するケースは少なくありませんが、多くの判例からも慰謝料請求が認められなかったケースはほとんど例がありません。

浮気調査に関する質問と回答

交際相手が既婚者かもしれないと微塵も思わなかったとの主張

多くの弁護士や法律系のサイトで判例が紹介されていますので、それらの内容は割愛しますが、「もしかしたら交際相手が既婚者かもしれないと少しも思わなかった」といった自身の過失を否定する主張はほぼ認められません。

結論として「知らなかったから不法行為(指定行為)をしても逃れられれる」「知らないと主張すれば慰謝料請求から免れる」といったことは決してないということです。

不倫相手に故意や過失が全くなく、慰謝料を支払う義務がないと認められるケースは、最低でも「誰であろうと交際相手が既婚者であると気づかなかったと強く推認できる状況でがあったこと」が明らかな場合のみです。
よほど特殊な事情でもない限り、共同不法行為への注意義務から逃れることはできないのが実際です。

結婚指輪

浮気調査の結果、多くの不倫相手が言い逃れをする

不倫関係を継続する中で、不倫カップルの中には不倫が発覚した時の言い逃れの打ち合わせをしていることがありますが、その多くは「確たる証拠を突き付けられない限り、肉体関係は無かったと言い張ろう。」「既婚だと知らなかったことにしよう。」という身勝手で浅はかなものです。

浮気調査の結果のケースでは、「確たる証拠を突き付けられない限り、肉体関係は無かったと言い張ろう。」との言い訳は即座に否定されるだけです。

既婚だと知らなかったことにしよう。」のパターンでは、いざ慰謝料請求をされた時、口裏合わせをした通りに言い逃れをされるのですが、弁護士や調停委員、裁判官という立場の方々であれば同様の言い逃れを耳にタコが出来るほど聞いていることから、「また、この言い訳か・・・」と呆れられるところから始まるのが実際のところでしょう。

不倫トラブルで言い争いをする夫婦

不倫の慰謝料請求から逃れる方法をいくらググっても無意味

不倫をしている人の中には、万が一の不倫発覚を想定して、それぞれが「不倫慰謝料から逃れる方法」「不倫 証拠不十分」「探偵 浮気調査」などのキーワードで検索し、慰謝料請求から逃れ方法を普段から探そうとする傾向があります。

そのような方の大半が自分に都合の良い情報だけを信じ、不倫を続けているのというのが実際ですが、慰謝料請求はネット知識で逃れられるような甘いものではありません。
下手な言い逃れは家族から失った信用がさらに罪深いものになるだけですので、不倫を素直に認めた上で、心からの謝罪をするのが深みにはまらない唯一の方法ではないでしょうか。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)