離婚の準備 探偵社の離婚相談室

探偵の離婚相談室メイン画像

離婚への準備

離婚届

離婚を決意した時には、今まで経験をしたことがない事が多く不慣れなことばかりでしょうが、面倒だと思って諦めれば、後々になって大きな後悔や苦労が待っていることになります。
心の整理とある程度の覚悟をもって、しっかり対処しておきましょう。

ここでは、離婚前に準備しておいた方が良い事、考えておいた方が良い事などをご紹介します。

無料相談は電話予約にて承っております

0120-135-007 (完全予約制・相談無料)

財産分与・慰謝料・養育費など

離婚後の生活

離婚準備にあたり下記の事項を考えておくと良いでしょう。

  1. 預貯金・有価証券・積立型保険
  2. 退職金・年金
  3. ご自宅他不動産関係
  4. 車・貴金属などの動産
  5. 慰謝料
  6. 養育費
  7. 弁護士費用
  8. 次の住居および引越し費用
  9. 別居した場合や離婚までの生活費(婚姻費用)
  10. 児童福祉手当・児童扶養手当など公的援助
  11. 離婚後の生活(就職先など)

第二の人生をうまくスタートさせるには十分な準備が必要です。

法的離婚原因(不貞など)の証拠確保

相手に法的離婚原因がある場合は事前に証拠を確保しておきましょう。

  1. 探偵社の調査報告書
  2. ホテルの領収書・電話メール履歴・ライン履歴・写真・メモ・手紙など不貞の証拠物
  3. ドメスティックバイオレンス(DV)があった場合は病院の診断書など

相手に見つかり破棄されてしまう可能性も考え、安全な場所に保管してください。

より多くの証拠物があった方が認められやすい傾向にあります。

離婚届の不受理届の申請

離婚の条件がまとまらないまま話し合いがこじれてしまうというのはよくあることです。

過去についつい勢いで書いてしまった離婚届がある場合や、相手が勝手に離婚届を出してしまう可能性がある時などには必ず「不受理申し出書(不受理届)」を本籍地のある役場に提出しておいてください。
 ※備え付けの用紙に記載し署名捺印するだけです。

自分の意に反する離婚届が提出された場合、離婚無効の調停・離婚無効の訴訟をしなければならなくなり、無駄な時間・労力・費用がかかってしまいます。
特に自分で離婚届を書いてしまったケースでは筆跡も自分のものであり、離婚の意思はなかったということを証明しなければならなくなってしまうこともありますので、面倒がらずに必ず提出するようにしましょう。

その他、諸手続き

その他、離婚までの間に考えておいた方が良い事項をまとめておきました。

  1. 離婚後の姓はどうするか(旧姓に戻るorそのまま)
  2. 離婚後の職業
  3. 離婚後の住居
  4. 子供の保育園や学校はどうするか(転校届など)
  5. 保育料などの提出書類確認(福祉課・福祉事務所)
  6. 交友関係が変わってしまう可能性(味方だと思っていたのに違った等も含)
  7. 税金関係
  8. 学資保険など
  9. 児童扶養手当などの申請手続き
  10. 健康保険(保険証)の申請手続き
  11. 公共料金などの手続き(水道料金基本料金免除がある※水道局)
  12. 金融機関(銀行)
  13. カード会社

面倒と思われることも多いでしょうが、いずれは必要となることばかりなので、予め準備しておくようにしましょう。

離婚届と結婚指輪

ガル離婚相談室バナー

プロ探偵による無料相談実施中

名古屋の探偵社でトラブルやお悩み解決

探偵社ガル名古屋駅西はご相談やアドバイスが全て無料

名古屋の探偵事務所の無料相談電話番号は0120135007

名古屋の探偵社の無料メール相談フォーム