不貞行為の定義-ガル離婚相談室

ガル離婚相談室

離婚相談室

あなたの浮気対する概念はどこからですか?

一緒に食事をしたら?
キスをしたら?
肉体関係があったら?
精神的依存を相手にしていたら?

人により様々なジャッジがあると思います。
では、法律的にはどの様な事をしたら 不貞行為となるのでしょうか。

民法においての不貞行為の定義は「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」とされています。

ご相談はこちらから

判例上の不貞行為

裁判でいう不貞行為とは男女間の性交渉(性行為・セックス)であり、セックスを伴わない男女の密会などは不貞行為には該当しないとされています。

ですので、いくら濃密な内容のメールのやりとりが証拠としてあっても、ネットで知り合った相手とふざけて(またはストレス解消の為など)行っただけとなれば、それが事実であるかは別として他に証拠がない限り、不貞行為ではありません。

民法でも、夫婦はお互いに貞操義務を負い、守らなければならないとされています。
この貞操義務に反し、一方の配偶者が婚姻関係外にある異性と性交渉(性行為・セックス)を行った場合には、もう片方の配偶者は不貞行為を理由に離婚を請求することができます。

通常では複数回の反復した不貞行為が必要とされます。

風俗通いは不貞行為?

よくある旦那の風俗遊びというのは特定の相手との浮気ではない為、それを理由に離婚を求めるのであればその風俗店が行っているサービス(本番行為があるかどうか)、証拠の回数、悪質性など様々な要素によってジャッジが変わってきます。

争点として夫婦関係が破綻したあとでは無かったかどうか、破綻した原因を作ったのが夫の風俗通いで原因であったのかどうかなど複雑な部分が出てきます。
ED(勃起機能の低下)が原因でセックスレス。なのに旦那はせっせと風俗通いということであれば、離婚が認められる可能性も高くなります。

また、今の時代では珍しくない同性愛のようなケースもありますので、詳しくは弁護士さんに相談することをお勧めしております。

どうすれば不貞を証明できるのか?

上記の通り、不貞行為の証拠とは婚姻外にある異性とのセックス(性行為)の証拠ということになります。
愛人とのメールのやり取りや通話履歴、ホテルの領収書など様々な証拠と思われるものをお持ちである方は多いでしょうが、いずれも推測の域をでないものである為、最悪の場合、言い逃れをされてしまう可能性があります。

確実な証拠という意味ではセックス(姓行為)そのものを撮影した写真などということになりますが、そのようなことは事実上不可能である上、様々な不法行為(プライバシー侵害・不法侵入など)も関係してくることもあり証拠そのものが提出できないものとなります。

ただ、民法では不貞行為の立証を「性行為を確認または、強く推認できる証拠」となっており、誰もが容易に性行為を推認できるものの代表例としては「愛人とのラブホテルの出入り」を撮影した写真・ビデオテープがあります。
それが、探偵社が依頼者さんにお渡しする調査報告書および証拠VTRです。
探偵社の調査報告書と依頼者さんが持つ他の情報を合わせれば、より強固な離婚条件を有利に運ぶ材料になるのです。

ご相談はこちらから

ご相談はこちらから

ページの先頭へ